スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Super GT 鈴鹿700km 展望

わんだ~
今日はいよいよ来週末行われるSuper GT 第6戦 鈴鹿700kmの
展望を占っていきたいと思います。

img6a96f825zikdzj.gif700kmとはずいぶん長い距離を走るのね?

わんだ~
通常のレースが300kmだから約2.3倍走ることになりますね。
これに伴い、ピットインも3回が義務付けられます。

img998bbd97zik5zj.gifドライバーの安全を考慮してのことね。
でも昨年、ピットで一時停止だけして何もせずにまた出ていくという作戦をとった
チームもあったみたいだけど?


わんだ~いわゆる捨てピットというやつね。
でも今年はドライバー交代を伴なうピットインが3回と義務付けられたので、
その作戦は取れなくなりました。

img8bf06707zik4zj.gifこれによって、どういう影響が出てくるの?

わんだ~ピット作業にはドライバー交代、タイヤ交換、給油というのが主にあって、
それぞれ約20秒ほどかかるんだ。
で、タイヤ交換と給油は同時には行えないルールです。

img6a96f825zikdzj.gif昨年のルールにあてはめて、
燃費がよくタイヤに優しい国産車勢と燃費が悪くタイヤに厳しい外車勢との
ピット作業に要する時間を一例をとって計算してみましょう。


国産車勢 
1回目何もせず(0秒)
    ↓
2回目ドラ交代・タイヤ交換・給油(40秒)
    ↓
3回目ドラ交代・給油(20秒)

計60秒


外車勢
1回目ドラ交代・給油(20秒)
    ↓
2回目ドラ交代・タイヤ交換・給油(40秒)
    ↓
3回目ドラ交代・タイヤ交換・給油(40秒)

計100秒


img2706175dzik5zj.gif
ピットだけで40秒のロス!
これじゃコース上でどんなに速くても厳しいわね。


わんだ~現に去年は予選、序盤とも外車勢が上位を占めていましたが、
終わってみれば国産車勢の1.2.3フィニッシュでした。
それが今年のルールに当てはめると、こうなります。

国産車勢
1回目ドラ交代・給油(20秒)
    ↓
2回目ドラ交代・タイヤ交換・給油(40秒)
    ↓
3回目ドラ交代・給油(20秒)

計80秒


外車勢
1回目ドラ交代・給油(20秒)
    ↓
2回目ドラ交代・タイヤ交換・給油(40秒)
    ↓
3回目ドラ交代・タイヤ交換・給油(40秒)

計100秒


img998bbd97zik5zj.gifお~、少し差が縮まった。

わんだ~つまり、どうせドライバー交代に20秒かかるなら
給油かタイヤ交換をしないと損というわけ。
さらにドライバー交代のプランも変わってきます。

昨年
Aドラ(速い)→Aドラ(速い)→Bドラ(遅い)→Aドラ(速い)

今年
Aドラ(速い)→Bドラ(遅い)→Aドラ(速い)→Bドラ(遅い)

img65a5760bzik0zj.gifドライバー2人体制だとタイムが劣るBドライバーも
2回乗らないといけないってことね。
両方速いチームは問題ないけど。


わんだ~で、初音ミクチームはドライバー3人体制という作戦を取ってきたわけです。

ミク
Aドラ→Bドラ→Cドラ→Aドラ

img998bbd97zik5zj.gifひとりが2/3以上走ってはいけないルールだから
調子の悪いドライバーを短くしてあとの二人で補う作戦が取れるわけね。
そう考えると3人目が木下選手というのはすごく心強いわね。


わんだ~単純に速さだけじゃなく、真夏のレースだけあって
ドライバーの体力面でも相当恩恵を受けれそうだしね。
正直、今回のミク号は本気で表彰台を狙ってるんじゃないかと思ってる。

imgb93815d4zikfzj.gif
今までは夢のまた夢だったことも手が届くかもってことね。
でも、700kmの長丁場、そう、机上の計算だけではいかないんじゃない?


わんだ~
もちろんレースは生き物だからそう簡単にはいかないでしょう。
でも、ミク号にはこころ強いデータがあります。

img998bbd97zik5zj.gifというと?

わんだ~ここで問題です。ガライヤや紫電、RX-7、ウェッズIS350、カローラ2台
フェラーリ2台、ハンコック兄さん、マッハ号、でちゃうアストン、そしてレガシィも出来てなくて、ミク号が出来ていることとはなんでしょう?

img6a96f825zikdzj.gifそうそうたるトップチームが出来てなくて、
ミク号が出来ていること?
痛い車を恥ずかし気もなく走らしてるとか?


わんだ~正解はミク号は参戦した全レース、チェッカーを受けて完走しているのです。
つまり、このミクポルシェは非常に壊れにくいマシンであるということ。
これは、長丁場のレースでは強い武器になりえます。

imgbac36005zik9zj.gifほとんどのレースでアクシデントに巻き込まれてた気がするけど、
車はきちんと壊れずに走りきっていたのね。
確かにこれは心強いかも。


わんだ~以上のことからもミク号にとって鈴鹿は大一番と言えるわけです。
トラブルなく走ることさえ出来ればきっと上位に来ます。
みなさん、今回こそは期待していてください。

img998bbd97zik5zj.gif今までは結局残念な結果が多かったけど、
今回は気合が違うわね。
それじゃ、来週のレースを楽しみにしようじゃありませんか。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Gわんだ~

Author:Gわんだ~
好きなモノ:ミクGT
       軌跡シリーズ
       競馬
       一眼レフカメラ
       グランツーリスモ

FC2カウンター
カテゴリ
リンク
検索フォーム
twitter
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。